友人夫婦と一度きりのスワッピング(30代前半・会社員・♂) – 12月 17th, 2014

私が友人夫婦と一回だけスワッピングをしたときの体験談をお話ししたいと思います。

友人夫婦との付き合いは5年くらいになりますが、お互いまだ子供もいないということにあって、気楽に家族ぐるみで飲み会をしたり、旅行に出かけたりしていました。

あるとき4人で温泉旅行に行くことになり、まず男女別々に温泉を楽しんだ後は、食事とお酒ですっかり酔っていました。

もう一回お風呂に入ろうかということになり、今度は貸し切りの露天風呂に入ろうとしました。

ところが5つあるうち4つの露天風呂にはすでに先客がいたので、残り1つのお風呂に仕方がないので4人で入ることにしました。

最初は少し迷っていましたが、みんな酔っていたこともあり、「ま、いいか」ということで、さっそく脱衣を終えて私たち夫婦から先に入りました。

奥さんは2人ともタオルでしっかり体を隠していて、お湯も濁った色だったのでよく見えませんでしたが、そのうち私の妻が暑くなったのか温泉の縁にタオルでしっかり隠したまま座りました。

すると友人が妻のほうにすっかり見とれていて、友人の奥さんに怒られてしまいました。

私が「知らない仲じゃないんだし、別にいいんじゃない?」とたしなめ、せっかくだから妻にタオルも取らせました。

そのまま流れが勢いづいて友人の妻も裸を見せることになり、最後には男性側もすっかりタオルをとって全員真っ裸になってしまいました。

そして和気あいあいとお互いの身体を見せ合い評価をしたりして、恥ずかしいながらも楽しいひとときでした。

そのうち興奮してきて、私の妻と友人、そして私と友人の妻でお互い体を触りあったり、交わったりしました。

いつもとは違うシチュエーションでの交わる快感は、特別なものでした。最後は夫婦同士で見せっこしながらセックスをしてその日を終わりましたが、とても満足感が残ったので、またやってみたいと思っています。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験

年下アルバイト君との仕事帰りに(25歳・スーパー勤務・♀) – 12月 17th, 2014

ほんの出来心でした。スーパーで働くアルバイト5歳下のアルバイト君にほんのちょっかいでからかってしまったことで、セフレの関係になってしまいました。わたしは25歳でスーパーで正社員として働いています。彼は大学生でアルバイトとしてスーパーで働いています。

スーパーの同僚の飲み会があってスーパーが閉店してから飲み会を行いました。特に何をするわけでもなく飲み会が終わり、彼と一緒に帰ることになりました。彼の部屋と私の部屋が近いため、よく一緒に帰ることもありました。帰りながら彼の話をしているうちに、まだ誰とも付き合っていないことが判明したのです。草食系男子というものを目の前にしてしまったわたしは、からかうつもりで童貞だと彼をバカにしてしまったのです。やはりちょっと空気が悪くなって、わたしも調子に乗ってしまったと思い慰めていました。そんなことをしてるうちに、わたしの部屋に付きました。

何にも考えないで彼を部屋に挙げてしまいました。そこからは男と女が狭い部屋にいるとそういうことにもなってしまいます。またそれはわたしが草食系男子である彼にも興味があり、また童貞というのがどんなものなのか試してみたくなったというのもあります。わたしから誘ってみたようなものです。そこからセフレとしての関係が続いています。

まだ女を知らないことで1日で何回も求められて、そして不器用な優しさが癖になりセックスそのものより彼とのセフレ関係を続けています。不思議なことに彼から付き合おうとも言われないので、セフレの関係で構わないということになるのでしょうか?彼からセフレの関係というのを口に出されるのもなんか違うような気もしますが、草食系男子でもそれなりの性欲があると知りました。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験

同窓会で再会した元カノと…(30代後半・会社員・♂) – 12月 17th, 2014

元カノのセフレの関係になるという話はよく聞きますが、まさか自分が元カノとセフレの関係になるとは思っていませんでした。

高校のときに付き合って、卒業してすぐ別れることになった元彼女と同窓会で再会しました。卒業して別れてからまったく会っていないかったので、最初は戸惑いましたがお互いもう30代後半になったことで大人の対応をすることができました。

彼女は30代後半らしく歳をとっていましたが、いい年の取り方をしていて昔の面影がまだありました。今はもう2人の母親になっているそうです。互いにいろんなことを話しているうちに同窓会も終わり2次会に行こうとしたとき僕のほうから2人でどこか行こうと誘いだしました。彼女は疑うことなくそれに付いてきてくれました。

特に行くところもなくブラブラしながら話していました。ラブホのネオンが見えたときに彼女のほうから「ラブホをいかないまま別れてしまったね」と言われました。勢いで僕のほうから誘ってみると彼女はただ目を見て頷いてくれました。

高校の時に付き合っていたとはいえ、体の関係はなかったので彼女のことをまったく知りませんでしたが、やはり昔付き合っていた女性を初めて抱くというのは感慨深いものでした。昔の記憶しかない彼女が快楽に溺れているのを見るとこちらも張り切ってしまうものです。2時間の休憩で2度ほど交わりました。

そこからは互いに時間が取れた時にセフレとして関係を続けています。今まで外に出ることがなかったので彼女の旦那さんが不審に思っているのは気がかりですが、彼女のほうもこれから良いセフレだけの関係を望んでいると言われていますので、これからも良い関係を築きたいと思っています。性体験がない元カノとのセフレの関係はやめられません。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験

始まりは車の中から(19歳・アルバイト・♀) – 12月 17th, 2014

始まりは店長が家まで送ってくれるというあの一言からでした。まさか私がお父さんと同じくらいの年の男とセフレになるなんて思ってもいませんでした。

わたしは19歳のレストランでアルバイトしています。高校を出てすぐ就職しましたがうまくいかず、レストランでアルバイトをしました。面接をしてくれたのも、この店長です。年相応の顔をしているけど、優しさが滲み出ていました。採用の電話ももちろん店長で、わたしがこのレストランで働くためにすべて店長が関わっていました。

ある雨の日、自転車で帰ろうとしたわたしに店長が車で送ってくれると言ってくれました。車の中でわたしのなんでもないような話をただ「うんうん」と優しく頷いてくれました。同じ年にない優しい店長にをすぐ好きになってしまいました。

セフレの関係になるのもわたしからのアプローチです。ただ単純に車の中で店長のことが好きと告げたら優しくキスをして、その場で押し倒してきました。ただわたしは嬉しかったので、そのまま店長を受け入れることにしました。

それから何度も店長と一緒になりました。店長は結婚しているので不倫になります。だからわたしのほうから、セフレの関係でもいいといいました。店長に余計な心配をかけたくなかったし、奥さんから奪い取ろうとも考えていません。

ほぼ毎週店長とセフレの関係を続けています。同年齢の男からは絶対に味わうことができないセックスが最近では楽しくなってきました。セフレという関係になってからも私に対してとっても優しく、わたしはこの関係を満足しています。

毎週一回くるセフレとしての関係をいつまで続けることができるのか?なんてそんなことを考えることもありますが、とにかく今を楽しもうと思っています。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験

普段出さない色気を振りまく上司(24歳・地方銀行勤務・♂) – 12月 17th, 2014

地方銀行に勤めている24歳の既婚男性です。僕の上司は女性で詳しい年齢はその時は知らなかったけれど30後半の色気とは無縁な人でした。入行した時からお世話になっている頼りがいのある上司です。時々仕事がうまくいかないときは、献身的なサポートを約束してくれるので、いろんな感情が入り混じるようになりました。家に帰っても奥さんにその女上司の話をすることも多くなり、妻から余計な詮索をされるくらい僕の中で、女上司の存在が大きくなりました。

仕事をしている最中も、近くにいると微かな香水の香りで、色気がないその女上司から色気を感じ取るまでになりました。いつしか自分の妻と女上司を重ねて求めることもありました。女上司がセフレだったらどんなにいいものかと考えるようになりました。

ある日の金曜日の夜、同僚と飲み会があり女上司も参加していました。席が隣同士になり互いのことを話しました。2次会に行くことになりましたが、女上司が帰ると言い出したので、僕はこれはチャンスだと思い一緒に帰ることにしました。

彼女のほうも酔っていましたので、ふざけて手を繋いだりしました。そうすると彼女のほうが今までみたことがない女の顔を見せてきたのです。寂しいという感情が滲み出ていました。僕は、セフレにできるチャンスはここだと思い、奥さんとうまくいっていないというウソを付き、彼女の部屋に入ることに成功しました。

一度そんな関係になってから、1か月に一回はその女上司と交わるセフレの関係になっています。彼女も家庭と自分の地位を壊すつもりがないので、慎重なセフレの関係を続けています。仕事では色気がない彼女ですが、ベッドではどんどん女を見せてくれるので最高のセフレをみつけたと思っています。また自分が年上好きだということを確認できました。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験

年下の後輩と深まる関係(24歳・IT会社勤務・♂) – 12月 17th, 2014

僕は24歳の小さなIT会社に勤めています。彼女もいないから、出会い系でセフレを探したりもしましたが、なかなか見つかりません。会社には7人しかいないので、みんな言いたいことははっきりと言える仲で、関係は非常に良好です。そんな会社に2歳年下の女の子が入社してきました。女の子と表現したいほど、顔が幼い子で同僚の仲でもすぐに話題になりました。ロリ好きの同僚は、自分が指導すると意気込むほど人気が高い新入社員です。

もちろん僕も指導することがあり、彼女も僕に懐いてくるようになりました。こんなセフレがいたらいいなと思うこともありました。わからないことは、僕に聞いてくるほど僕と彼女の関係は少しずつですがプライベートな関係になってきました。一緒に帰ることも多くなりました。そのついでに食事に行ったり、飲みに行ったり特別な関係になっていきました。

ある日のこと2人で飲んだ後に、公園で話をしていました。彼氏がいないというのが悩みのようで、飲んだことで気持ちもハイになっていたことから「じゃ最近してないんだ?」と切り出したところ彼女のほうも乗り気で「まったくしてません」と返してきたのです。そんな雰囲気もあって彼女の頭を撫でたりしていると、彼女のほうから寄りかかってきました。頭を撫でると彼女のほうから顔を見上げてきてキスをしました。

そこからはもう互いに夢中になってしまいました。僕も最近まったくしてなかったので、貪るように彼女の唇を求め、そして思い切って胸を弄りました。普段幼い彼女から吐息が漏れると燃料を投下されたように、どんどん彼女の体を求め、僕の手は彼女の服の中に入っていきました。エスカレートする僕を彼女は制して「ここじゃ嫌だ」ということで彼女の部屋に行き、互いにとって数か月ぶり交わりました。彼女から今は誰とも付き合うというよりもセフレのような関係でもいいと言われたので、彼女とはセフレとして会っています。

それ以来彼女とはセフレの関係を続け、2人きりになったら体を交わらせる関係になっています。

コメントは受け付けていません。
Posted in 実体験